学校用として

広げられたビニール

学校で使用するテキストや学校のパンフレットなどを入れることにも、手提げ袋が役に立っています。手提げ袋の作成を行っている会社では、使用しやすいサイズが選べるので本の大きさに合わせられます。

Read More

文字を入れる

2種類の手提げ袋を持つ女性

オリジナルで手提げ袋を作成するなら、会社名やロゴなど、文字を入れることがおすすめです。無地の袋よりもインパクトがあり、どこの企業が出しているのかすぐ分かるので宣伝としても役立ちます。

Read More

荷物を入れる

コストを抑えてハイクオリティな印刷が可能です。チラシデザインのご依頼はこちらへ。あらゆるご要望にお応えします。

野菜や飲み物などの飲食物から、シャンプーや石鹸といった日用品まで幅広い商品を取り扱っているスーパーや百貨店では、商品を購入すると袋に入れてくれます。1つずつ持つとなるとカバンのなかに入れなければ、持ち運びが難しく感じてしまいます。
袋に入れることで、商品をいくつ購入しても持ち運びが楽です。自宅まで商品を運んだあとは、小さく畳んでまとめておくか、カバンのなかに折りたたんだ袋を入れておけばいつでも使用できます。
現在ではゴミを減らすために、レジで渡される袋が有料化されています。その効果によって、無料で袋を提供してくれるコンビニなどの店舗は、袋を貯めておくために利用している人が多く存在します。
コンビニで使用されているビニール袋は、様々な商品が入りますが、耐久性が低いので破れる可能性もあります。
布製の袋や紙袋、ビニール袋よりも少し厚めのポリ袋などは手提げ袋をオリジナルで作成している業者から購入できます。手提げ袋の作成を依頼できる会社があるので、欲しいデザインを袋に入れて、少ない枚数から多い枚数まで注文できます。
スーパーで買い物の際に使用できる手提げ袋や、企業の資料などを入れる不織布タイプの袋など、作成会社に注文できる種類は数多く揃っています。
袋の生地やカラー、デザインにこだわった個性的なアイテムを作りたい人におすすめです。ホームページを見てみると、サンプルとして提示している写真や説明などを確認できます。

あなたのアイデアが形になります!ブランディングのことなら専門のサービスを利用するのが一番ですよ。まずはコチラを確認してみましょう。

素材の種類

手提げ袋は紙でできているタイプや不織布でできているタイプなど様々です。ビニールで作成してもらうことも可能なので、作成会社のホームページなどを参考にして材料を選ぶとよいでしょう。

Read More

少ない枚数でもいい

予想していた人数より参加人数が少ない場合、大量に用意していたものは無駄になってしまいます。手提げ袋は少数人数が参加するときでも、少ない数から作成してくれるので大量に余らせることがありません。

Read More

こだわりの取っ手

手提げ袋は持ち手が頑丈に作られていますが、持ち手の部分は種類があるので組み合わせることが可能です。紙でできた紐や、プラスチックでできたU字型の取ってなど自由に組み合わせを楽しめます。

Read More