文字を入れる | 個性的なデザインの袋を作るなら販売会社に依頼しよう

文字を入れる

手提げ袋の印刷会社によっては、無地の袋を作成する料金と、ロゴや会社名などの文字を入れる場合でも料金が変わらないことがあります。
無地の手提げ袋はコストが低いので安く作成できますが、宣伝効果やインパクトを残すことには繋がりにくいです。
会社名やロゴを入れることにより、手提げ袋を持ち歩くことで人の視界に入ることができるので宣伝になります。
日本語で文字を入れるとすぐ理解することができ、英語や他の国の言葉だと、理解しようと注目する人が多く存在します。
文字を付け足しても、作成にかかる料金が無地のタイプと同じになることもあるので、文字を入れて作成した方がお得です。

手提げ袋に文字を入れてもらうには、注文時にどのような文章を入れるかデザインしたものを作成会社に提出します。
袋全体のデザインはもちろん、文章をどのように入れるのか文字体と配置場所を指定したデザイン表を造ります。
そのデザイン表にそった仕上がりになるので、理想通りに作成するよう丁寧に作成するとよいでしょう。
また文章体は、人からみて分かりやすいと感じたものを選びます。ポップ体や草書体、基本的なゴシック体などが選べます。
完成したあとは文書に誤りがないか確認し、手提げ袋全体のバランスを見てから決定します。
文章だけ小さかったり、色が潰れて見えてしまうと文字の意味がありません。データとして引き継いだあとは、デジタル化をして取り込んでくれるので依頼書が無くなっても対応できます。