素材の種類 | 個性的なデザインの袋を作るなら販売会社に依頼しよう

素材の種類

手提げ袋の素材は1つだけではなく、種類が豊富に揃っています。用途に合わせて素材を自由に選べるので、デザインを重視したり、使い勝手を重視したりできます。
紙袋でできている手提げ袋が一般的なデザインとして、様々な店舗で見かけることができます。
茶色い色が特徴的で、持ち手も紙で出来ているので優しい質感が感じられます。ある程度の強度はあるので、軽い冊子や小説、衣類などを入れるのに適している手提げ袋です。
紙袋は茶色一色だけではなく、デザインされた柄をそのままプリントすることも可能です。インクを組み合わせて作成できるので、他にはないようなデザインを紙袋に施せます。
水や湿気に弱い紙袋ですが、コーティングされた素材だと多少の湿気には強くなります。雨の日の買い物でも利用できるように、コーティングされた手提げ袋が作成できます。
また、不織布は繊維を織り交ぜたものではなく、そのまま固めた素材です。布のように丈夫で、水が染みても拭き取れるので紙のようにふやけることはありません。
不織布はプリントも可能なので、ワンポイントとしてロゴや文章を入れるだけで見た目が引き立ちます。
ビニール袋で作られている手提げ袋は、厚さが薄いものの、水分に強いので洋服や人形などの景品を入れる袋として重宝されています。大きさも自由に選べるため、自宅に帰ってからも保存やゴミ袋として再利用する人が多く存在します。
スーパーなどで使用される手提げ袋は、水に強い不織布やビニール袋などが素材として人気です。