こだわりの取っ手 | 個性的なデザインの袋を作るなら販売会社に依頼しよう

こだわりの取っ手

紙袋は形が長方形になっており、商品を袋のなかに詰めると立体的に膨らみます。サイズによって、入れられる量が異なりますが、取っ手が無いので底を持つしか安定する持ち方がありません。
手提げ袋は取っ手があるので持ちやすく、底部分を持たずに済むので楽に持ち運びが行えます。重い荷物が入っていても取っ手を掴むだけで、取っ手と袋部分は固定されているので、重さに負けてすぐ取れることはありません。
取っ手部分は紐でできていたり、プラスチックの素材でできていたりと種類があります。手提げ袋と組み合わせる楽しみもあるので、種類を把握してじっくり選んでみるとよいでしょう。

茶色い手提げ袋の場合、取っ手部分も紙で作成されているのが一般的です。取り付け部分はノリやボンドで接着されており、ある程度の重さまで耐えられるようになっています。
ノリやボンドで接着した部分が剥がれてしまうと、取っ手も取れやすくなってしまうので注意が必要です。
紙以外の取っ手では、紐タイプがあります。拗じられている形状の紐ですが、素材自体は柔らかいので持ちやすく、痛みを感じることもあまりありません。平面状の紐は、幅が広いので手に食い込みにくくなっています。
プラスチック素材で作られている取っ手は、ビニールタイプの手提げ袋に取り付けられていることが多くあります。
形が柔軟に対応してくれるので、安定しながら荷物を持てます。取っ手の接着部分がボタンのように封を閉じられるようになっているので、手提げ袋の中身が外に飛び出てしまうこともありません。